スムージーによるファスティングからの回復食はどう選べば良いの?

スムージーによるファスティングからの回復食はどう選べば良いの?

スムージーによるファスティングからの回復食はどう選べば良いの?

 

スムージーを使ったファスティングの効果を維持する

 

スムージーを使ったファスティングの効果を維持するためには、回復期間の食事が重要です。せっかくの努力を無駄にしないためにはどんな回復食を選べば良いのでしょうか。

 

 

 

ファスティングは準備、断食、回復の3つの期間をワンセットにして行います。自宅で行う場合は3日間のファスティングにとどめておきましょう。断食期間が2日以上になる場合は、安全のためにも専門家の指導の下で行うのがお勧めです。

 

 

 

回復食を食べ始めるのは3日目以降ということになりますが、ここで何を食べるかでダイエット効果の定着率が変わります。また、1日だけとはいえ断食することで胃腸の働きも弱まっています。

 

 

 

そのため、胃腸に負担をかけない食事内容を心掛けてください。回復食選びに失敗すると断食効果がなくなるだけでなく健康にも良くありません。

 

回復期間の食事

 

回復食として一般的なのは白粥や玄米粥ですが、ダイエット目的の場合は避けたほうが良いという意見もあります。お粥を食べる場合は、発酵食品である納豆やぬか漬けなどを一緒に食べると良いとも言われています。

 

 

 

また、ファスティングで整った腸内環境を維持するため乳酸菌が入ったヨーグルトもお勧めです。ファスティング期間中に使うスムージーを、回復食のうちの一食にするのも良いでしょう。

 

 

 

通販で購入できるスムージーには、乳酸菌が含まれているものもあります。また、腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維が豊富なスムージーを選べば、腸内環境の維持にも役立ちます。

 

 

 

回復食だからといって、食べ応えのないものだけを選ばなければいけないということはありません。しっかり噛むことで量を食べなくても満腹考えられて、胃腸を休ませることができます。

 

スムージーによるファスティングからの回復食はどう選べば良いの?

 

よく噛んで食べられる生野菜や蒸し野菜も回復食にはお勧めの食材です。キノコやイモ類よく噛んで食べられるので、回復食に取り入れると良いでしょう。

 

 

 

断食後の体はいつも以上に栄養を吸収しやすくなっているため、お菓子などの甘いものは控えてください。美味しく飲める通販のスムージーは栄養補給をしながら、おやつを食べたい欲求を紛らわせるのにも向いています。

 

 

 

回復食は基本的に断食と同じ期間で良いと言われています。ただし、一気に元の食事に戻すのではなく段階的に量や食材を増やしていくよう気をつけましょう。

 

 

 

断食期間を耐えるよりも回復食をどう選ぶのかの方が大変だとも言われています。胃腸に負担をかけずデトックスした体に悪い物を溜めこまない食材を上手に選んでください。