スムージーに入れてはいけない?ダイエットに適さない食材とは

スムージーに入れてはいけない?ダイエットに適さない食材とは

スムージーに入れてはいけない?ダイエットに適さない食材とは

 

ダイエットに適さない食材

 

スムージーは好みの野菜や果物で作れるので、ダイエット中も好きなものを我慢する辛さが少ないと言えます。ただし、ダイエット用のスムージーには適さない食材もあるので注意しましょう。

 

 

 

スムージーダイエットをするなら、できるだけカロリーの高い食材を避けたほうが良いと言われています。高カロリーなナッツや果物は、グリーンスムージーに少量入れるくらいにしておいた方が良いでしょう。

 

 

 

ヨーグルトや牛乳、ハチミツなどの甘みもダイエット用のスムージーには不向きです。たまに飲む程度なら良いかもしれませんが、毎日欠かさず飲んでいるとダイエット効果が得にくいかもしれません。

 

 

 

果物を使う時は柑橘類などの低カロリーで水分量の多いもの、リンゴやキウイなど食物繊維が豊富なものを選びましょう。フルーツだけのスムージーは、ダイエット用というよりはおやつ感覚で楽しむ方が良さそうです。

 

スムージーに適さない食材

 

カボチャやニンジンなどの根菜類をスムージーに入れるとボリュームが出そうですが、実はスムージーに適さない食材です。意外なところでは、キャベツやブロッコリーの茎もスムージーに向かない食材と言われています。

 

 

 

これらの食材はでんぷん質を多く含んでいるため、腸内でガスが発生しやすくなります。ガスがたまってもスムーズに体外に出れば問題ありませんが、腸の働きが弱っている時はお腹が張って苦しくなる人もいるようです。

 

 

 

キャベツやブロッコリーを使いたい時は、茎を除いた緑の部分を使うようにしましょう。緑の濃い葉物野菜の場合は、ほとんどがスムージー向きと考えて大丈夫そうです。

 

スムージーに入れてはいけない?ダイエットに適さない食材とは

 

スムージーダイエットに適さない食材を入れたからといって、体に悪影響を与える心配はほとんどありません。ただ、美味しくなかったり期待していたほどの効果が得られない可能性は十分に考えられます。

 

 

 

その点、通販で購入するスムージーは食材の組み合わせに悩む必要なく、手軽にスムージーダイエットができます。野菜や果物の栄養を凝縮してあるので、自分で作るスムージー以上に栄養豊富とも言えるでしょう。

 

 

 

何よりも野菜や果物を買い揃える手間なく、色々な種類の栄養が摂取できます。残り物の野菜で作るスムージーもたまには良いかもしれませんが、効果的にダイエットしたいなら通販のスムージーが良いでしょう。

 

 

 

どんな食材でもスムージーは作れますが、ダイエットや美容効果を高めるには素材選びが大事です。通販のスムージーを活用すれば、食材選びに悩む必要もありません。